2006年5月25日作成

写真をクリックすると新しい窓が開き 拡大写真(1300x865)130KBが表示されます(以下同じ)

福岡県 久留米市 大善寺町(玉垂宮)
 
 
                   





鉾面神事が終わると、一番松明から順次、本殿の方へ動き始めた。火の粉を浴びながら、かり又(樫の棒)で支え上げ動かす男たちの体は真っ赤に染まっていく。やがて6本の大松明が無事、本殿の西横に移動された。

かり又の棒で大松明を移動
拡大写真(1250x828)205KB


拡大写真(1300x861)174KB
本殿の西横に移動された6本の大松明

しばらくこの場所で、たいまわし(氏子)達は待機する。男たちは、火の勢いを保つため、大松明を縛っている縄切りに再三挑む。とても危険な作業だ。

拡大写真(1300x861)213KB
縄切りに向かう若者


風向きに注意しながら登る


無事に縄を切り終える
拡大写真(1250x828)196KB

午後22時を過ぎた頃、鬼の「堂回り行事」が密かに執り行われる。鬼堂に籠もった鬼が、藁を被った赤熊(しゃぐま)姿に棒を手にした子供たちに護られながら、鬼堂を7回半、人目に触れないように回る。

勇敢な たいまわし(氏子)
拡大写真(1250x828)185KB


はじける散る大松明
拡大写真(1250x828)191KB

「ポン、ポン」と竹がはじける音や、掛け声、鐘や太鼓を打ち鳴らす音が響く中、辺りは火の海となった。氏子も観衆も火の粉を浴びる。開運招福・無病息災の御利益を授かるため、燃え残りを持ち帰る人もいる。

激しい火の粉が降り注ぐ

松明回し(たいまつまわし)
鬼の堂回りが終わる頃、一番松明は、鬼堂の東側で「火取り」をして惣門をくぐり、参道を抜け、広川の汐井場に向かい、役目を終え消火される。二〜六番松明は、境内を時計方向に2周する。

大松明を巧みに移動していく


鬼火を見つめる男たち
拡大写真(1250x828)132KB


呼吸を合わせて方向転換する
拡大写真(1250x828)138KB

午後11時を過ぎた。本殿のまわりを周回する松明回しはまだ続いている。一つの大松明は、60〜70人位で移動され、要所要所で停止し、休みながらゆっくりと進んでいく。

火の粉を浴びて 汗が吹き出る


拡大写真(1300x865)130KB
立ち止まって松明に登り 縄を切る


拡大写真(1250x828)130KB
重さ2トンの大松明を全員で動かす

大松明が境内を回る華やかさの陰で、密かに鬼が禊をする隠れた神事が行われる。一番松明が広川の汐井場で火を消されると、子供たちに護られた鬼が、密かに汐井場で禊を行い、本殿へと帰って行く。鬼が神殿に帰ると明かりが灯され、神事の終わりを告げる厄鐘が7回・5回・3回と打たれる。やがて大松明の鬼火も消され、午後11時半過ぎに、鬼夜の全ての行事が終わる。

拡大写真(1300x861)143KB
夜の11時過ぎて続く大松明の行進





  
日本三大火祭りだけあって、スケールの大きな勇壮な火祭りだった。飛び散る火の粉を浴びても動じない男たち、大松明に登って果敢に縄を切る男たち、2トンもある大松明を移動する男たち、どれをとっても圧巻そのものだ。
鬼夜の火の粉を浴びれば開運招福・無病息災が叶うと言われるため、大勢の参拝者も殺到する。その陰で大松明の準備から祭りの運営まで携わる方々の裏方作業も並々ならぬものだろう。このような地元の人たちや、保存会の人たちの努力によって、日本屈指の火祭り「鬼夜」は、変わることなく後世に伝えられていくに違いない。
 2006年1月7日撮影: ニコンD70  683枚(976MB) 
  

Copyright (C) 2004-2007 Akio Chiba. All Rights Reserved..